第8回・9回 2011/7/16・23 手入れいろいろ | 有機野菜・無添加食品などの宅配 大阪愛農食品センター"; $meta_keywords = "有機野菜,宅配,レシピ,オーガニック,販売,関西,農家,にんじん,トマト,大阪,愛農食品センター "; $meta_description = "有機野菜の宅配だけでなく、大阪愛農食品センターでは様々な活動を行っております。"; $code = "tonohara_noah"; $now_navi = "navi_school_on"; include($_SERVER['DOCUMENT_ROOT']."/include/header.php"); ?>
ホーム >他にもこんな活動をしています >とのはらノア畑 >第8回・9回 2011/7/16・23 手入れいろいろ

有機の里・大阪府岸和田市塔原で
農の楽しさを味わいませんか?

第8回・9回 2011/7/16・23 手入れいろいろ

ミニトマトのわき芽かき

今回は2回分まとめて、写真がなく文章のみでご報告です。申し訳ございません。


2回とも天気のいい暑い日でしたが、会員様にもご参加いただきました。
熱中症にならないよう、水分補給と休憩をきちんと取るように気をつけながら行いました。

トマトは主枝を残して1本に仕立てるため、わき芽をかいて育てるそうです。
主枝から葉が出ている付け根に出るのがわき芽ですが、
大きくなるとどれが主枝か分からなくなるため、よく見ておかないといけません。
大きくなったものはやっぱりもったいないなぁと思いながら、芽かきをしました。


追肥とマルチなど

ナス、ピーマン、きゅうりに前回同様、草のマルチをしました。

なたね粕や、なたね粕で作った液肥をあげました。液肥は即効性があるようです。

ノア畑はとても広いため、一つの畝がとても長くなります。
畝をまたいで移動するのを繰り返すだけでも重労働なので
長い畝を途中で分断し、通り道を作りました。
少しのことで随分楽になった気がします。
まだまだ暑い中での作業が続きます。日焼けを恐れながら、、、頑張ります。

(やすむら)


関連するページ


一覧に戻る



メールでのお問い合わせ