ホーム >他にもこんな活動をしています >とのはらノア畑 >第28回 2011/12/9 この冬一番の寒さの中

有機の里・大阪府岸和田市塔原で
農の楽しさを味わいませんか?

第28回 2011/12/9 この冬一番の寒さの中

雪がちらつく寒さでした。

今日はこの冬一番の寒さとの予報。今日も収穫したカブを洗いました。一瞬で手の温かさが奪われます。

にんじん・金時にんじん・カブ

本日の収穫物です。カブはこれまでで一番の大きさです。他にもカブをたくさん間引きました。

今日は畑を貸して下さっている一郎さんが様子を見に来てくださいました。
 


カブの違い。

カブ みどり

カブ 黄色

上の写真のカブは大きく青々としています。これは新吾さんが肥料など用意してくださったもの。

下の写真のカブは早くまいたのに小さく、黄色いです。一郎さんにお伺いすると黄色いのは肥料が足りていないとのことでしたので、菜種油粕をやりました。葉を食べる野菜に鶏糞堆肥をやることに少し抵抗を感じてしまいます。

 


イノシシだけでなく、

モグラ穴

一郎さんから、えんどうの畝にあるもぐらの跡を教えてもらいました。写真中央少し盛り上がっているのがおわかりですか?気づきませんでした。


夏の作物の片付け。


ナス・ピーマン 片付け

今日は夏の作物の片付けをしました。

ナスの根

ナスを抜いてみると、こんなに長い根が出てきました。オクラは背が高くなっていましたが根は短かったです。だから支えが必要なのかなと思いました。


にんじんの違い。

にんじん

金時にんじん はつもの

今日はにんじん(上)と金時にんじん(下)を抜いてみました。金時にんじんは初収穫です。にんじんの葉は上に,金時にんじんの葉は横に広がっています。葉っぱの色もずいぶん違います。

金時にんじんは真夏にまいて芽をださなかったのであきらめていたもの。芽を出すまでは毎日水やりをしないといけないようですが、できませんでした。ところがほんのいくつかだけですが、芽を出して生長しています。楽しみです。

(センターやすむら)
 


関連するページ


一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ