ホーム >他にもこんな活動をしています >社会活動 >【縁農】塔原

社会活動

【縁農】塔原

場所と実施日

塔原生産者の各生産者の畑/岸和田市塔原
5月27(水)から28日(木)、30(土)から31日(日)


5月27日 藤原秀和さんの玉ねぎ収穫縁農


参加人数

27日:7名、28日:雨天中止、30日:5名(午後から1名参加)、31日:1名


【内容報告(30日の堀田新吾さんの畑の縁農)】

雨の予報でしたが、うす曇りの朝、堀田新吾さんのおうちに集合しました。鳥のさえずりと子供達の笑い声が遠くから聞こえてくるくらいで、静かな朝でした。
参加者の皆さんが集まるまで、新吾さんのおうちの中庭でコーヒーとお菓子を頂いて、
奥様の寿子さん、娘さんの直子さんとお話をしました。10時すぎ、軽トラックの案内で車で10分くらい離れた畑へ。一反半くらいの畑に玉ねぎ、えんどう豆、芽をだしたばかりの落花生がありました。新吾さんのお宅に研修にきている愛農高校の卒業生さんも加わってまず玉ねぎを抜いて畑にそのまま並べてゆき、全部抜き終わったら、根と茎をカット(茎は二センチくらい残します)しました。照ってきたので汗がどっと出ました。通り雨にあいましたが、お昼までにカット作業完了。お弁当スポットで会員さんのお話から出たブロッコリーみたいな山(新緑の山)を見ながら、美味しくお昼を頂きました。午後からは玉ねぎをSサイズとそれ以外に選別しながら、コンテナに回収、ビニールマルチも同時にはがしました。お天気が急変、大急ぎで玉ねぎコンテナをトラックに積み込み、再び新吾さんのお宅に到着直後、雷と滝のような大雨になりました。雨がやむまで、一時間くらい新吾さんのお宅で雨宿りさせていただきました。今年は例年に比べて玉ねぎが小ぶりとのこと、又、畑には夏野菜も育っていましたが、真夏になると雑草の勢いに人手が追いつかず、出荷できないものもあるそうです。縁農の大切さを思った一日でした。
(報告:センター・増井)


関連するページ


一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ