ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 愛農おすすめレシピ >びっくり炊き

天候に左右されやすい有機野菜は、旬の季節に集中しがち。お野菜がちょっと多めに届いたら、レシピをご参考にお料理してみてください。意外と知らなかった美味しさに気づくはず。お料理の幅も広がります。



このページを印刷する

びっくり炊き

このお料理について

 

水に長時間浸けておく必要がありません。お手持ちのお鍋で炊ける、秋田県に伝わる伝統的な玄米の炊き方です。ふっくらと少し白っぽく炊きあがり、ぷちぷちとした食感とお米の風味がしっかりと味わえます。


材料

○玄米 適量

○水 適量


作り方

  1. 玄米を軽く洗う。
  2. お手持ちの鍋に玄米と、玄米の1.2から1.5倍量の水を入れる。
  3. ふたをして強火にかける。
  4. 水分が減って香ばしい香りがたちはじめ、「ピシッ!パシッ!」という焦げ付くような音がしたら、ふたをあけて玄米の0.8から1.2倍量の冷水を一気に入れる。
  5. よくかき混ぜてふたをし、さらに煮立てる。
  6. 15分前後で弱火にし、水分がなくなったら火を止める。ふたをしたまま5分蒸らす。
  7. 全体をかき混ぜる。
     

チェックポイント

焦げ付きが心配な場合は、途中でふたを開けて様子を見てください。
水分量は、玄米の状態によって調節してください。
 


関連するページ


一覧に戻る


このページを印刷する

「これは美味しいよ!」「この季節には必ず作ります!」というお料理はありませんか?あいのうの材料を使ったあなたのお料理をメールでご紹介下さい。




メールでのお問い合わせ
ページトップへ