ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 愛農おすすめレシピ >ナンキンと豆乳玄米のスープ

天候に左右されやすい有機野菜は、旬の季節に集中しがち。お野菜がちょっと多めに届いたら、レシピをご参考にお料理してみてください。意外と知らなかった美味しさに気づくはず。お料理の幅も広がります。



このページを印刷する

ナンキンと豆乳玄米のスープ

このお料理について

スープを作るダシにブイヨンを使わず、昆布を使用しています。

植物質の材料ばかりを使い、ベジタリアン風のスープに作りました。

ブイヨンを使う場合でも昆布を併用すると、鶏ガラが少なくても昆布の力で美味しいブイヨンが出来ます。

 


材料(4人分)

  • ナンキン 500g
  • タマネギ 150g
  • 玄米    50g
  • 豆乳   180ml
  • ダシ昆布 約15cm×20cm
  • 塩、胡椒 適量

作り方

  1. ナンキンは、縦割りにして皮をむき適当な大きさに切る。
  2. タマネギはみじん切りにして、少量の植物油を鍋に引き無水煮にする。かぼちゃを入れ少量の水を加え蒸し煮にする。
  3. 玄米はきれいに洗って水気を切り、鍋で弱火にして狐色になるくらい(約10?15分)煎る。
  4. スープ鍋に水約300mlと昆布と玄米を入れて炊く。玄米が軟らかくなれば2を入れて一緒に炊き、軟らかくなれば昆布を取り出し、ミキサーにかけ、裏ごしをする。
  5. 4を鍋に戻し、豆乳を入れ、濃度の調整をしてから、塩、胡椒で味付けをする。
     

チェックポイント

5の仕上の時は煮立たせません。温度は80℃くらいあれば十分です。あまり温度が上がると分離したり、豆乳と塩のにがり分が反応して白いつぶつぶが発生します。
 


関連するページ


一覧に戻る


このページを印刷する

「これは美味しいよ!」「この季節には必ず作ります!」というお料理はありませんか?あいのうの材料を使ったあなたのお料理をメールでご紹介下さい。




メールでのお問い合わせ
ページトップへ