ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 産地・生産者情報 >堂阪文博,斉喜徳次

大阪愛農食品センターでは、地元大阪や和歌山
を中心に、有機や愛農で繋がる全国の生産者さ
んの農産物を取り扱っています。自慢の生産者
さん達を紹介しています。



堂阪文博,斉喜徳次

紹介

堂阪さんは愛農高校23期生、斉喜さんは堂阪さんの叔父で、栽培歴30年のベテランです。お二人の栽培するしいたけはもちろん原木栽培で、貝塚市の蕎原(そぶら)という山岳地帯の清流を利用しており、涼しい気候が肉厚でうまみのあるしいたけの生産を可能にしています。

蕎原では昔は10軒のしいたけ生産者がいたそうですが、安い中国産が入るにしたがって生産を断念する農家が増えていき、今では堂阪さんと斉喜さんのみになってしまいました。


主に出荷して頂いている農産物

生しいたけ 干ししいたけ


栽培などに関して

栽培にあたっては抗菌剤・抗生物質・防腐剤の類は一切使っておりません。ただ原木からの成長を促進するための栄養剤を3週間に1回ほど使っているそうです。


関連するページ


一覧に戻る




メールでのお問い合わせ
ページトップへ