ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 産地・生産者情報 >尾崎幸弘

大阪愛農食品センターでは、地元大阪や和歌山
を中心に、有機や愛農で繋がる全国の生産者さ
んの農産物を取り扱っています。自慢の生産者
さん達を紹介しています。



尾崎幸弘

紹介

お父さんの幸雄さんが初期の愛農塾の生徒で、設立当初からお付き合いのある強力な野菜生産者さんでした。幸弘さんはその後を継いで農業を続けられています。有機認証は取得されていませんが、化学農薬化学肥料を使わない栽培をされています。塔原よりも早い時期に出荷が始まる野菜をセンターに供給してくださっているほか、総会などにも積極的に参加してくださっています。

〔お名前の表示について〕尾崎さんの崎は、右側が「大」ではなく「立」字の「立つ崎」ですが、文字コードの関係で表示できませんので、「埼」で表示しています。

非常に仲の良い尾崎さんご夫妻

 

 

 


主に出荷して頂いている農産物

トマト、きゅうり、ナンキン、さつまいも、枝豆、小松菜、しろ菜、チンゲンサイなど


栽培などに関して

化学農薬化学肥料を使わない栽培です。トマトは開花時期に虫による受粉が難しいので、着果促進のためにトマトトーン(植物ホルモン)を使用しています。


関連するページ


一覧に戻る




メールでのお問い合わせ
ページトップへ