ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 産地・生産者情報 >燦々ファーム平畠

大阪愛農食品センターでは、地元大阪や和歌山
を中心に、有機や愛農で繋がる全国の生産者さ
んの農産物を取り扱っています。自慢の生産者
さん達を紹介しています。



燦々ファーム平畠

紹介

平畠潔さんは、奥さんと息子さんの3人で、約7ヘクタールの農地を管理されています。ハウスを37棟も所有しており、単純に考えるとひとりあたり12棟を担当していることになります。ピーク時は小松菜だけで1日400束くらい束ねることもあるらしく、そんなときでも3人で全てこなしているため、ピリピリしながら作業しているそうです。夏場地元のほうれん草等が不足するときなどに出荷していただく予定です。見た目しっかり味もしっかりの平畠さんの野菜を、機会があればお試し下さい。


主に出荷して頂いている農産物

チンゲンサイ、ほうれんそう、小松菜、サラダ水菜など


栽培などに関して

もともと平畠さんは愛農会から有機認証の認定を受けて、有機栽培農家としてやっておられました。あるとき出荷先から平畠さんの農産物から農薬が検出されたとの連絡があり、まったく心当たりのない平畠さんは、個人的にも農地の検査を行ってみましたが何も検出されず、最終的には農政局の担当の人も来て、くまなく調べられましたが、結局疑われるようなものはなにも出ませんでした。
農薬検出の原因は当時卸していた業者が平畠さんの野菜の束に、勝手にほかの野菜を束ねて販売したためで、平畠さんはまったく関係していませんでした。しかし最初は平畠さんが販売先や農政局から徹底的に疑われたため、有機農業を続けていく事に嫌気がさして、辞めてしまったとのことです。
ただ最近はまた改めて有機認証の資格を取得しようと考えているとのことです。


関連するページ


一覧に戻る




メールでのお問い合わせ
ページトップへ