ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >弓削牧場訪問レポート

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

弓削牧場訪問レポート

  7月28日晴天。センターの宮脇と辻本、そして消費者理事の谷口さんと弓削牧場を訪問致しました。

001

 今回の訪問の主な目的はフロマージュ・フレ(ナチュラルチーズ)の試食と化粧水・ホエイ(乳清※)ソープのお取り扱いのご相談をさせていただくためです。フロマージュ・フレの原材料は生乳のみです。塩も使用していません。チーズを食べて塩分を摂取しないという夢のような製品です。弓削場長に同量の牛乳でカルシウムの摂取量は20%、じゃこで40%、チーズは60%だと教えていただきました。とても滑らかで、ほんのりとした酸味とまるで豆腐を食べているような濃密さ、コクのある芳醇なチーズのお味に驚きました。是非お取り扱いをさせて頂きたいと考え、牛の飼料を確認させていただくこととしました。
 
 六甲山の中腹の住宅地を走っていくと、突然、弓削牧場の看板が立っていて、そこから別世界が広がります。牧場のお隣に普通の家の玄関があるって、不思議ですよね。更に牧場を案内して下さっている時に、牛や牛糞の臭いが全くしないという事も不思議でした。レストラン「アルゴイ」は平日にも関わらず満員で、季節の良い折には、ランチをバスケットに入れて下さるので、牧場の好きなところで食べることもできるそうです。夏場にこれだけ感じないなら、牛舎の横で食べても牛の臭いは全く感じないと思います。
 
002
 
 牛乳は全自動で搾られます。お乳が張った牛は全自動の搾乳機に自分で入って行きます。自動的に足が消毒され、乳房が消毒され、搾乳機がお乳に吸い付きます。搾り終えると、機械が自動的に外れ、また乳房が消毒されます。お乳を洗ってもらって牛は機械から出て行きます。その様子が分かるのか、機械が空くと次の牛がぼちぼちと機械にはいって行きます。牛は賢いです。こちらの牛は小さい牛、若い牛、成牛と居場所が違います。また、お産をする場所もあって、牛は出産前になると食べものに変化があり、少しやせるそうです。そして自分で勝手にお産の場所に行って、人の力を借りずに出産するそうです。難産の牛がいないので「あらあらいつ産んだの?」と言う感じだそうす。

会員様にお届けする化粧水とセッケン

 また化粧水はホエイとハーブを使用し、添加物が全く無く、しっとりしたテクスチャーで、弓削様の奥様がお使いになっておられ、ふっくらとしたお顔にしわがないので、絶対使わせて頂きたいと思いました。そしてアトピーだったというお嬢様もとても美しい肌をされていたのを拝見し、アトピーのお肌にも効果があるのではないかと感じました。
しかし、飼料の確認をさせていただいたところ、残念にも遺伝子組換えのトウモロコシが入っていました。直接口に入るフレッシュチーズのお取り扱いは今後の検討課題として、化粧水とセッケンは会員様にお届けする事と致しました。まだまだお伝えしたいことがたくさんある弓削牧場様、来年の収穫感謝祭はこちらにお願いしたいと考えております。
 
003

 センター代表 宮脇



一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ