ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >野良リスファームで サツマイモの収穫が始まりました

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

野良リスファームで サツマイモの収穫が始まりました

  今年の5月にのらりすファームに植付けを行ったサツマイモが収穫の時期を迎えました。作付け当初、のらりすファームの土壌には有機質が少なく土が締まっていたので根菜類が上手くできるか不安でした。夏ごろには蔓や葉が生茂り、外から観た感じだと順調に育っているように観えるのですが、蔓ボケしているのではないだろうかと内心ヒヤヒヤしていました。

 9月下旬になり一度掘ってみたのですがその時はまだ小ぶりなものばかりが採れたので、もう少し日にちを置いて収穫することに。

 そしてこの10月になって収穫してみたところ、小ぶりなものもありましたが、比較的適当なサイズまでに実ってくれていたので安心して収穫を始めることとしました。

 収穫は10月4日から順次行っていて、紅ハルカという品種のサツマイモから収穫しています。10月15日には紅ハルカを全て掘り終えてコンテナ約30杯分(約450kg)の収穫となりました。しかし、これでまだ半分の量でして、次に同等量の金時という品種のサツマイモの収穫を待ち構えているので、これからそちらの方の収穫を始めていきます。

自社圃場で栽培することによるコスト面のメリットを活かして少しでもお求めやすい価格でご提供したいと思っていまして、今回のサツマイモも298円/kgでご提供させていただいていますのでもしよければご賞味いただけたらと思います。

 サツマイモは収穫してからしばらく置いておくことで追熟され甘みが増しますので、できる限り収穫日の古いものから順にご提供させていただいております。

 もしお手元に届いたサツマイモを召し上がっていただいた際に甘みが足らないと感じられた時は、もうしばらく置いてから召し上がっていただくと追熟されて甘みが増すと思われますのでお試しください。

 サツマイモの収穫以外ののらりすファームの現状ですが、収穫物としては落花生の収穫をそろそろ始める予定です。落花生も土の中で実をつける作物なので、サツマイモの時以上にちゃんとできているか心配です。もし上手に育っていたら、収穫後に一週間ほど乾燥させて生の状態のものを引き売りでご提供させていただきたいと考えています。

植付けや播種の作業としては、10月11日にハクサイの植付けを行いました。9月上旬にセルトレーへハクサイの種をまいて育苗していた苗を植付けたのですが、9月から10月初旬まで雨が続いていたこともあり植付けるタイミングを逃してしまいこの時期の植付けとなってしまいました。ただ、無事に活着はしてくれたみたいなので一安心です。

 また、10月15日にはソラマメとウスイエンドウの播種を行いました。これらは来年春頃の収穫予定となります。 そして今後の予定としては、ホウレンソウや小松菜の播種、タマネギの定植などを行うつもりですので、のらりすファームの野菜が引き売りにあった際はどうぞよろしくお願いします。

営業推進部 廣道



一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ