ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >新燃岳噴火災害募金

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

新燃岳噴火災害募金

たくさん申し込みいただき、ありがとうございました。

ウイークリー031号で御案内いたしました「新燃岳噴火災害募金」に、消費者・生産者・センター社員あわせて108名から1,293口、129,300円いただきました。ありがとうございました。この募金は、3月11日に健康農園はぎわらさん(宮崎県)にセンターから振込みをいたしました。
 また先に愛農NOAH理事会よりお見舞金をおくっており、2月16日それに対してのお手紙を頂戴しています。以下にそのお手紙を紹介いたします。 

センター・杉本
 


宮崎県・健康農園はぎはらさんからのお手紙

大阪愛農食品センター・愛農NOAH御中
 

謹啓
 春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いておりますが、皆さまご健勝にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
 この度は新燃岳噴火による災害のお見舞いを頂きまして、家族をはじめ従業員共々お心遣いに嬉しさで胸がいっぱいになり、言葉ではいい表せない程の喜びと力を頂きました。本当にありがとうございました。
 一月二十六日に噴火いたしました新燃岳の影響で、作物に付着した灰が落ちなかったり、灰が降る中での収穫をしたりと、何せ初めての経験で、どうすればよいか試行錯誤の毎日で、心身共に辛い日が続いておりますが、安心・安全な野菜を食卓へお届けしたいという気持ちを強く持ち、従業員一同力を合わせてこの災害を乗り越えていこうと思っている所存でございます。
 昨年春に発生いたしました口蹄疫、そして今年に入ってからの鳥インフルエンザに新燃岳噴火と、辛く悲しい出来事が多く起きている中での今回のお心遣い・・・本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 一日も早く終息する日がくる事を願い、一丸となって頑張っていこうと思っております。今後とも変わらぬお付き合いのほど何とぞよろしくお願い申し上げます。まずはお礼まで 

謹言
 

萩原 穀


 



一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ