ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >今年の長野のりんごは?

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

今年の長野のりんごは?

長野県の古川果樹園・古川孝美さんのお話

長野県の古川果樹園の三代目、古川孝美さんに、2010年のりんごの作柄ついてお話を伺いました。

孝美さんは、「日本らしい、はっきりと四季の感じられる気候であれば、心配ごとも減るのになぁ。」とぼやきながら、色々と話してくださいました。

 

紅玉


暑い!雨が降らない!

今年の夏の暑さと雨の少なさは、りんごをなかなか大きく生長させてくれません。りんごの木が疲弊してしまい、枯れかかっているものもあるそうです。また、強い日差しを受け、日焼け(*)してしまう実が多いのも、悩みの種とのことです。

(*)日焼けをすると、皮が黄色から茶褐色に変色し、ただれたような質感になります。

 

しかし、乾燥しているため、病気がほとんど発生していないという、良い影響ももたらしてくれました。また、津軽などの早生品種は、グッと気温が上がったおかげで、例年より味がよいです。


台風9号に感謝?

先日の台風9号が、久しぶりに雨をもたらしてくれました。古川果樹園のある須坂市付近では、一日中雨が降り続いたそうです。少し安心されたそうですが、全体量としては、まだ水分が不足しているとのことです。

 

ふじ


秋の気候に期待!

秋映・ふじ・王林とこれから実ってくる品種は、今後の気候にかかっています。秋らしい気温になり、秋雨が十分に降れば、美味しい実をたくさんつけてくれます。ですが、今年は秋が短く、すぐに冬になってしまうという情報を、ニュースなどでよく耳にします。冬が早くやってくると、今度は雪の心配をしなければなりません。雪深くなると、収穫も大変です。

 

王林


関連するページ


一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ