ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >行楽シーズン到来!塔原のお母さんのお弁当

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

行楽シーズン到来!塔原のお母さんのお弁当

お弁当を持って出かけませんか?

だんだんと暖かくなり、お弁当を持って出かけたくなる季節がやってきました。青空の下で食べる手作りのお弁当は、とってもおいしいですよね♪

そこで、毎日たくさんの野菜と顔を合わせている塔原生産者のお母さん達の、おすすめのお弁当のおかずを教えていただきました。


私のお弁当にはこのおかず!

堀田久子さん------------------------------------
(ほったながこさん、野菜の帯タイ:堀田重好さん)

 

 

卵に淡口醤油、水、刻んだセリを加えて、お弁当の定番・卵焼きに春の香りを。セリの変わりにみつばでもおいしいです。ごぼう、にんじん、こんにゃくで作ったきんぴらには、韓国の乾燥トウガラシで辛味を。韓国品種のトウガラシは、まろやかな辛さでおいしい!私は、トウガラシを使うものには、全部これを使います。たか菜は、姿はごついけれど、食べると優しい味です。ぜひおひたしに。きつめの塩で漬けて、塩抜きして刻んで食べるのもおいしいです。

 

 

 

 

堀田寿子さん------------------------------------
(ほったひさこさん、野菜の帯タイ:堀田新吾さん)

 

 

醤油、砂糖と少しの水を鍋に沸かし、水で戻していない大豆と、小さく切った昆布を加えます。昆布の代わりにはるえびでも。煎り豆でも、煮豆でもない不思議な食感と、濃い目の味がご飯に良く合います。彩りは、ブロッコリー。やわらかく甘味が強いので、茹でるだけで立派なおかずに。うちの孫は、茹でただけのブロッコリーが大好物です。

 

 

 

堀田直子さん------------------------------------
(ほったなおこさん、野菜の帯タイ:堀田新吾さん)

 

 

今のほうれん草はあくが少ないので、生でも食べられます。お弁当の彩りに、ちょっと添えるといいですよ。種先菜は、ゆがいて5cm位に切って醤油で軽く味を付け、適当な量を海苔で巻いて下さい。2月の末の暖かさで花が咲いてしまい、現在の注文書・ウイークリーには載っていませんが… 冷蔵庫に残っている方はぜひお試しあれ♪

 

 

 

吉田静子さん------------------------------------
(よしだしずこさん、野菜の帯タイ:吉田六五郎さん)

 

 

お弁当なんて長いこと作っていないけど…
春のキャベツはやわらかく、炒め物や煮物にしても美味しいです。お弁当に入れるなら、豚肉と人参とで炒めるのがいいですね。塔原のものをお届けできるのは、もう少し後になる予定ですが、春だけのキャベツのおいしさを、ぜひ味わってください。

 

 

 

 

中本千代子さん----------------------------------
(なかもとちよこさん、野菜の帯タイ:中本恒男さん)

 

 

2cmくらいに切った小松菜と、千切りにした人参をごま油で炒め、醤油、酒、砂糖少々を加えて水分を飛ばします。すりゴマをかけたら出来上がり!ほうれん草とベーコンを炒めてホイルに乗せ、溶けるチーズをかけてトースターで焼くのもおすすめです。

 

  

藤原京子さん------------------------------------
(ふじわらきょうこさん、野菜の帯タイ:藤原秀和さん)
 

 

春は、春の味を楽しんで下さい!
ナバナの胡麻和えや、これから出てくる筍とシイタケの煮〆がいいですね。塔原の種先菜コウサイタイは、2月の末の暖かさで花が咲いてしまいました…。沢山食べてもらおうと思っていたのに!もし、協力野菜や引き売りで見かけたら、ぜひ食べて下さい。コウサイタイは、ごま油で炒めて醤油で味付けし、かつお節をかけるだけで美味しいおかずになりますよ。

 

 

 

藤原繁美さん------------------------------------
(ふじわらしげみさん、野菜の帯タイ:藤原勝さん)
 

今が旬のワケギは、定番の酢味噌和えで!
ワケギを適当な長さに切り、サッとゆがきます。薄揚げと一緒に、ゴマ、白味噌、酢、砂糖、みりんを合わせたものを和えます。お弁当のおかずだけでなく、一品料理にも。


関連するページ


一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ