ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >ひな祭りの豆知識

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

ひな祭りの豆知識

ひな祭り=上巳の節句

3月3日は五節句(人日、上巳、端午、七夕、重陽)の一つ、上巳の節句です。

古くは河で禊(みそぎ)をして、身代わり人形を河に流す行事だったとか。また、農村では、ちょうど農作業の始まるころの節句として、村全体でお休みする習慣がありました。

 

 

※ちなみに五節句とは…
日本の風習と中国大陸から伝わった暦が合わさって誕生した、季節の節目となる日のことです。江戸時代に公式的に式日・祝日として法制化されました。この制度は明治6年に廃止されましたが、今でも年中行事の一環として定着しています。

 


ひな祭りとひな人形

平安時代、公家の子女達の間で、紙などでできた人形などを並べて遊ぶ、ままごと遊びが流行っていました。当時、「小さくてかわいいもの」を「ひいな」と呼んだことから、このままごと遊びは「ひいな遊び」と言われたんだそうです。その一方で日本では古来、人形が持ち主を災いから守ってくれると信じられていました。そのため、人形(ひとがた)や形代(かたしろ)と呼ばれる紙でできた人形で、体を撫でて穢れを祓う習慣があったようです。この紙の人形が発展し、現在の豪華ひな人形になったとされています。
 


ひな祭りの食べ物といえば?

○甘酒
甘酒というのは、その名の通り少ないながらもアルコールを含有している立派なお酒です。未成年者の飲酒は禁止されていますが、この時ばかりはお目こぼしというのもひな祭りの面白いところです。
それでは、なぜ甘酒なのでしょうか。甘酒は別名白酒、桃花酒とも呼ばれています。桃花酒という名称がつけられたのは室町時代にまでさかのぼります。この時代に桃花酒を3月3日に飲む風習があったので、たまたまそれがひな祭りと一緒になったのが始まりです。女の子のお祭りという意味合いとは特に関係はありませんが、古くからある習慣なのです。
 

○ひなあられ
ひなまつりの行事食のお菓子として、まず思い浮かぶのはひなあられです。関東系は甘く、関西系はいわゆる醤油系あられ、などと言われますが、関西でも甘いあられは沢山売っています。ポン菓子のようなもの、かりんとうのようなもの、チョコレートがコーティングされたものなど、最近のひなあられはバリエーションが豊富です。また、「自家製ひなあられ」を作るのもおすすめです。お餅を細かく切ってオーブンかフライパンで焼き炒るか、もしくは油で揚げてから、醤油、塩、チョコ、カカオ、などなど、お好みのフレーバーで味付けしてください。
 

○ひし餅
ひな祭りにお雛様と一緒に飾られる三色の「ひし餅」。様々な説があるようですが、現在のようなひし形のお餅を飾るようになったのは、江戸時代の頃からのようです。その起源はお正月の「鏡餅」からだとか、また、宮中でお正月に食べられた菱葩餅(ひしはなびらもち)が起源であるという説があるようです。菱葩餅とは、ごぼうと白味噌餡を求肥で包んだ和菓子で、春先には和菓子屋さんで見かけます。ひし餅の色といえば、「緑・白・赤」の三色です。その由来は中国からの影響ともいわれています。上巳節の節句の日に母子草(ははこぐさ)を入れたお餅を食べる風習がありました。母子草とは春の七草のひとつ御形(ゴギョウ)のことです。それが日本に伝わったのですが、母子草を使うと、「母と子をついて餅にする」と嫌われ、代わって邪気を祓うという意味がある蓬(よもぎ)を用いるようになりました。白は菱(ひし)でその実には子孫繁栄や長寿で居られるという節があります。赤は梔子(クチナシ)で、魔よけの意味があります。また桃の花を連想させるおめでたい色でもあります。

 


ひな祭りにいかが?

○チラシ寿司をひな人形の形に
薄焼き卵やうす揚げで衣を作り、みつばで帯を、人参で笏や扇で作りました。
髪は海苔、目はごまです。

 

 

 

 

○ミルクレープでひなケーキ
クレープの間に、生クリームと果物を挟んでひし形にカットしました。
いちごにクレープを巻いて、柑橘で笏を、キウィで扇を作りました。


関連するページ


一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ