ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >全国お雑煮あれこれ

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

全国お雑煮あれこれ

お雑煮は多種多様。

お正月に欠かせないお雑煮は、地方によっても様々。
お味噌やお餅の種類、入れる具などは、地方どころか各ご家庭でも違いがあります。
今年は、いつもと違うお雑煮に挑戦してみては?

 


あなたのお雑煮はどれですか?

●大阪の一般的なお雑煮はこれ!

汁は、コンブとカツオの二番だしに白みそを濃い目に溶き入れたものです。具は、雑煮ダイコン、金時ニンジン、サトイモ、そして丸餅。争い事がなく物事が丸く収まるようにと、すべて丸く切ります。船場の商人は、元旦と三日に白味噌を、二日は関東風のすまし汁のお雑煮を食べるそうです。

 

●岩手では、お雑煮にくるみダレを添えて。

三陸沿岸の一部地域ではおいしいものを「クルミ味」と表現するのだとか。そのおいしいものの代名詞であるクルミを擦ったものに、砂糖やしょうゆで味を付けたたれを椀に添え、お雑煮の餅に付けて食べます。お雑煮はしょうゆ味の汁に焼いた角餅、ダイコン、ニンジン、ゴボウ、セリ、カマボコ、ハラコなどを入れます。

 

●焼いた角餅が香ばしい東京。

全国から人が集まる東京では、出身地によってお雑煮の味も様々。ですが、昔ながらの江戸風雑煮といえば、カツオ節やコンブでだしをとり、しょうゆで味付けした汁で、焼いた餅の香ばしさやだしの風味を味わうシンプルなものです。焼いた角餅に小松菜、鶏肉が定番の具。ミツバやユズの皮、海苔を飾って、香りを楽しみながらいただきます。

 

●京都は、丸餅入りの白味噌仕立て。

丸餅やサトイモ、ダイコンなどの入った西京味噌の汁に、ふんわり花カツオをのせれば出来上がり。とろりとした餅と甘くこくのある汁が絶妙です。大阪と同様、争い事がなく物事が丸く収まるようにと、具は丸く切ります。コンブやカツオでだしをとってもよいですが、上質な味噌で作るなら、その旨みを味わうために、だしではなく水で調理するのがおすすめ。

 

●香川では、白味噌仕立てのお汁にあん餅が!

コンブとカツオ節でだしをとった白味噌仕立ての汁にあん餅を入れ、青海苔を振ります。ダイコン、ニンジン、サトイモ、青菜など、家によって具は様々。他地方の人たちからは、「お雑煮にあん餅なんて!」とギョッとされることも多いですが、讃岐人にとっては、なくてはならぬ正月の味です。砂糖が貴重だった時代、せめて正月のお雑煮は贅沢にと祝った先人たちの気持ちがこめられているのです。

 

●具沢山でとっても豪華な長崎。

古くから交易で栄えた長崎では、お雑煮にも山海の幸が盛りだくさん!具が10品以上入ることも多く、なかでもブリは欠かせないのだとか。根菜や青菜のほか、鯛や鶏肉、エビ、カマボコ、干しナマコやクワイなどを入れることもあります。しょうゆ仕立ての汁には焼いた餅を入れます。だしはカツオやコンブからとる家もありますが、焼きアゴ(トビウオ)からとる家も多いです。


関連するページ


一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ