ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >豊作のみかんで風邪予防

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

豊作のみかんで風邪予防

古くから、みかんは風邪の特効薬として使われてきました。古い漢方書によると、果実だけでなく皮にも薬効があるとされています。インフルエンザや風邪がはやっていますので、ここで風邪に効くと言われるみかんの食べ方をご紹介いたします。一度試してみてください♪


体が温まる『焼きみかん』

  1. みかんを皮ごと洗って水気をふく。 
  2. そのまま焼き網にのせて、ときどき転がしながら、弱火で皮が黒くなるまでじっくりと焼く。
  3. あつあつの果汁を絞り、しょうが汁少々を加えて飲む。(*)

(*)絞らずにそのままたべても。


 


せき、のどの痛みを防ぐ『皮の煎じ薬』

  1. みかん10個分ほどの皮をお湯でよく洗う。
  2. 荒く刻んで、風通しのよい日陰で干し(1週間から10日)、乾燥させる。(*)
  3. 2.の皮としょうが各6gを水500ccに加え、水が半分くらいになるまで煮る。 
  4. 3.の煮汁にハチミツを少量加え、3回くらいに分けて飲む。

(*)密封できる瓶などに入れて保管するとよいでしょう。


関連するページ


一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ