ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >豊作の里芋で作ろう!「里芋湿布」

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

豊作の里芋で作ろう!「里芋湿布」

昔から毒だし,熱とりとして愛用されてきた方法

愛農の会員さまからご紹介いただきました「里芋湿布」。
熱のある痛みや打ち身ねんざ、のどの痛みなどの炎症をとってくれる食養手当て法(民間療法)で、昔から愛用されてきた方法です。
紹介くださった会員さまも、食養の講座や本などで学ばれ、もう数年来利用されているとのことです。


材料と割合

○里芋  5

○小麦粉  5 (練って耳たぶの柔らかさになる位)

○土しょうが  0.5 (里いもの1割程度)

○焼塩  適量 (必要に応じて)


作ってみよう!

  1. 里芋の皮を少し厚くむき(薄くむくとかゆくなるので)、すりおろす
  2. 1.と同量の小麦粉,里芋の1割のおろししょうがを混ぜ合わせる
  3. これを布や和紙に厚さ1cmにのばして包み、患部に貼る
  4. 4時間から5時間したらとる

チェックポイント

  • そのつど作るのが一番いいのですが、数回分を作ってビンに入れ、冷蔵庫に入れておいても数日は大丈夫。
     
  • かぶれやすい方は、芋と粉の量の約1割くらいの焼塩を入れて一緒に混ぜるといいです。また、前もってごま油を肌に塗ってから湿布を貼るのもいいです。
     
  • じゃがいも(皮をむかない)でも代用ができます。
     
  • むいた里芋の皮は油で揚げて塩をかけたり、刻んでキンピラ風にすると無駄がありません。

食養手当て法(民間療法)をくわしく知りたい

「里芋湿布」をご紹介くださった会員さまから、教えていただきました。
 

  • 参考図書 東城百合子著『家庭でできる自然療法』
     
     
  •  株式会社あなたと健康社
    東城百合子主幹による『あなたと健康』誌発行、各種講座開催
    〒157-0066 東京都世田谷区成城2-35-13
    電話:03-3417-5051

     
  • 少食健康生活サポートセンター「さくら」
    西式甲田療法に基づく少食健康法。啓蒙活動と実践者のサポート
    〒581-0869 大阪府八尾市桜ヶ丘2丁目228 甲田医院内
    電話:072-991-7191
    HPアドレス:http://www.kouda-clinic.jp/sakura-top.htm
     

関連するページ


一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ