ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >愛農会70周年 若き生産者との意見交換会

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

愛農会70周年 若き生産者との意見交換会

若き生産者の熱い思い

 大阪愛農食品センターの母体である
社団法人全国愛農会は今年70周年を迎えます。

それを記念して3月12?13日に三重県伊賀市にて
「千年続く村づくり」と題し、シンポジウムが開かれることになっています。

その前に大阪愛農とも意見交換をしておきたいとのことで、
愛農会に所属する若手の生産者が1月21日大阪愛農に集結しました。



かって愛農会は農業を通じた地域リーダーを育成し、
全国のさまざまな地方で活動を行ってきました。

いわば地域お越しのパイオニアだった訳ですが、あまりにも時代が早すぎたのか、
組織として不完全だったのか、かっての勢いは無くなっています。
理由の一つとして、愛農会目的や方向性がわかりにくくなっていることがあると思います。
今回の意見交換は、愛農会の使命や役割はなんなのか、
70周年を前にある程度方向付けをしておこうという目的で開かれました。

若い生産者の熱い思いに、希望を感じています。愛農会の事をご存じない方も多いと思いますが、これを機会に少しでも知って頂ければと思います。シンポジウムの件は後日改めてご案内致します。

 

あいのうシンポジウム詳細はこちら

営業推進部 村上


一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ