ホーム > オーガニックライフを楽しむ > 有機コラム >電力自由化勉強会に参加してきました。その1

有機生産者をとりまく状況から有機野菜の活用方法まで、
幅広い話題でコラムを掲載していきます。

電力自由化勉強会に参加してきました。その1

4月からの電力自由化に備え地域の勉強会へ参加してきました。

講師は気候ネットワーク豊田陽介さんに迎えた勉強会へ
4月からの電力自由化に備え地域の参加してきました。

 


電力自由化とは

誰でも電力を作れるようになる

誰でも電力を売れる

誰でも電力を選べる

 

私たち消費者側に一番関係あるのが
三つ目の誰でも電力を選べる

◎電気を買う電力会社を選べるようになる

◎エリア外から電力を購入できる

◎電気を売るために送電網を一定のルールのもとでつかうことができるようになる

 

 

 


原発や石炭由来の電力は需要がなくなっていく

 イメージ図 (電力比較サイトエネチェンジより)

なぜ今電力自由化なのかというと、原子力発電への信頼が揺らいだことや再生エネルギーやコジェネの活用、供給力の広域的な活用に限界などの理由があげられています。

自然や地球環境を守るためには太陽光発電や火力発電などの再生可能エネルギーを発電する電力会社を選びたいと私は思います。

電気を運ぶ「送電網(送電線)」は今までの電力会社のものを借りる形でそのまま使用します。

電気には色がついているわけではありませんので火力発電の電気会社と契約しても、供給されるのは火力発電の電気とは限りません。火力発電も原発の電気も混ざります。

ただ、再生エネルギーに力を入れる会社から電気を買う人が増えると原発や石炭由来の電力は需要がなくなってくるのです。

その為の意思表示の1つだと考えられています。

 

次回は新規参入の電力会社などについて報告します。

 

プロモーション部 芋縄



一覧に戻る



メールでのお問い合わせ
ページトップへ