ネーブル

紹介

ネーブルオレンジは、高い糖度とバランスの良い酸味をもち、爽やかな芳香で、とても美味しい柑橘。果頂部にある丸いへこみが『へそ』のようにみえることから、ネーブルと呼ばれています。(英語でへそ=navel)

果肉は多汁で甘みが多く、香りも豊か。じょうのう(袋)が薄くてやわらかく、種もほとんどないのでそのまま食べることができます。

皮は手でむくこともできますが、かためなのでナイフなどで切るのがおすすめです。

 


生産者


井上正弘 高知県土佐市

 


 


美味しいお召し上がり方

皮が固くむきにくいので、温州みかんのように手軽に食べることはできませんが、ナイフなどで皮をむき、輪切りやくし切りにして盛り付けると華やかなデザートの一品になります。

 


ネーブルの簡単!綺麗!な切り方

(1)ヘタのついている側と反対側を横向きに切ります。
少し果肉部に入るように、厚めに切ります。
 

(2)まな板に立てた状態で、周りの皮を「八方むき」の要領で切ります。
果肉も切る位、大胆に厚めに切るのがコツです。
 

(3)皮を全部切ったら、その後は輪切りや半切りなどお好みで。
中の芯の部分が気になる方は、(2)の後、縦半分に切ってから芯をV字に切り取ってください。

 


関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせイベント情報 | 今が旬のおすすめ野菜 | 新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ