ホーム >お知らせ >今が旬のおすすめ野菜 >りんご 紅玉(こうぎょく)

りんご 紅玉(こうぎょく)

小型でお菓子作りなどに使うと美味

明治期に導入されたアメリカ産のりんご「ジョナサン」を選抜し、「紅玉」と名付けられたのが1900年。日本で最も古い歴史のあるりんごの一つです。お菓子や料理に使うなら紅玉以上のりんごはないということで、長く愛されてきました。強い酸味があり、甘味も高いことから、他のりんごと比べて非常に濃厚な味に感じます。

鮮やかな濃紅色で光沢があり、樹上でなっている時の果実は光り輝いて見えるそうです。果実の大きさは200g程度で小型ですが、酸の効いた甘味、さわやかな芳香、多汁な口当たりで、生食にすると鮮烈な味が楽しめます。一般には生食よりも加熱調理される方が多く、アップルパイなどお菓子の材料にはかかせません。


生産者

古川果樹園(長野)

長野愛農(長野県) 

竹嶋有機農園(青森県)


2011年長野では数が少ないです

関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせイベント情報 | 今が旬のおすすめ野菜 | 新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ