モロヘイヤ

紹介

日本では比較的新しい野菜ですが、古代エジプトや地中海、インドなどに栽培の記録があり、古くから人間が食用としてきたことが知られています。モロヘイヤという名称も、実はアラビア語。現在でもエジプトでは重要な緑黄色野菜として多く栽培されています。現地では刻んで肉などと一緒に煮込む料理に欠かせないそうです。

カルシウム、カロテン、ビタミンB、ビタミンCに富み、抗酸化作用のあるクエルセチンを多く含みます。カロテンとカルシウムはとくに豊富に含まれています。独特のねばりけをもちますが、血糖値の上昇を抑えてくれます。

 


生産者


調理の方法

葉や柔らかい茎の部分を食べます。

【下ごしらえ】
茎の下の方は固いので、手でねじり切ります。葉や茎のやわらかい部分を、塩少々を加えた熱湯でさっとゆでます。ほうれん草と同じで、シュウ酸を含むので、茹でてあく抜きして食べましょう。

【食べ方】
下ごしらえしたモロヘイヤをお浸しや和え物、汁の実などに。とろっとして、のどごしよく召し上がれます。茹でて絞り、1cmに切ったモロヘイヤに、鰹節としょうゆをかけるだけのシンプルな一品でも、香りよく、美味しく召し上がれます。他には、葉の部分だけをちぎったもの少量を、果物などと一緒にミキサーにかけてヘルシーなジュースにしてみても。

 


豆知識

■クレオパトラのモロヘイヤ

世界三大美女の一人、クレオパトラもこのモロヘイヤを好んでいたという話がありますが、その他に、重い病気にかかった王様が、モロヘイヤのスープを食べて快復したという伝説が伝わっていて、それが「王様の食べる野菜」=モロヘイヤという名前になったそうです。

■乾燥しても


乾燥して粉末にしたり、色々と活用することもできます。

 


関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせイベント情報 | 今が旬のおすすめ野菜 | 新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ