ホーム >お知らせ >今が旬のおすすめ野菜 >ブラジル生まれのへそみかん・ネーブル

ブラジル生まれのへそみかん・ネーブル

ネーブル(navel)とは『へそ(臍)』

ネーブルオレンジ

ネーブルオレンジは、バレンシアオレンジと並ぶ早生のスイートオレンジで、
果肉は多汁で甘みが多く、香りも豊か。
じょうのう(袋)が薄くてやわらかく、種もないのでそのまま食べることができます。

ちなみにネーブルオレンジの「ネーブル」とは「へそ」のことで、
お尻の部分にあるでっぱりがへそに似ているので
「ネーブル」と呼ばれるようになりました。

ネーブルオレンジのへそ

ちなみにネーブルオレンジは1820年頃に、
ブラジルのサルバドールで種子のあるセレタオレンジから、
突然変異の枝変わりとして誕生したと言われています。

種子が殆どなく果頂部が二重果(重嚢・じゅうのう)になるのが特徴で
花の子房の分化発達中に、重嚢になる機構があるものと思われます。

ネーブルオレンジの重嚢

バレンシアとネーブルの違いは、バレンシアの方が酸味が強く、
ネーブルのほうが甘味酸味のバランスがとれていて、
味が濃いようです。
また、バレンシアが夏の柑橘なのに対し、ネーブルは寒い季節の柑橘になります。

ネーブルオレンジには、様々な品種があり、日本で作られた品種も多数あります。


生産者

関本農園

井上正弘


関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせイベント情報 | 今が旬のおすすめ野菜 | 新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ