ホーム >お知らせ >今が旬のおすすめ野菜 >京都の伝統野菜 聖護院大根

京都の伝統野菜 聖護院大根

聖護院大根(しょうごいんだいこん)について

聖護院大根

聖護院大根はカブラのように丸い大型の丸大根です。京都の冬には欠かせない野菜です。苦味や辛味がなくてほんのりと甘い味で、肉質がきめこまやかでやわらかいのに煮崩れしにくく、味が染み込みやすいのも特徴の一つです。またとろけるような口当たりで、通常の大根と比べると、倍以上の値が付く高級品でもあります。

聖護院大根

またその形にも大きな特徴があり、直径15cmから20cm位の丸い形をしており、1個の重さは1kgから2.5kg位もあるとても大きな大根です。

しかしこのダイコンは、初めから丸かったわけではありません。江戸時代の終わり、尾張の国から京都府左京区聖護院の東、黒谷にある金戒光明寺に奉納された宮重大根という大根が、当時その地域で栽培されていた大根に比べて長くて大きかったことから、聖護院に住む篤農家がもらい受け、採種したことが誕生のきっかけです。
はじめは長かった大根ですが、中でも短いものを種採り用に選び続けるうちに、だんだん丸い形をした品種に育成されていきました。
また北野天満宮の近くにある千本釈迦堂では、無病息災を願う風習として、「大根だき」が毎年12月に行われ、この聖護院大根が供えられています。


食べ方

聖護院大根は、聖護院かぶのように千枚漬けに使われるとこもありますが、
ふろふき大根や田楽、おでん、煮物などで味わうのも一般的です。

聖護院大根の煮物

 


生産者

エチエ農産(京都府)


関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせイベント情報 | 今が旬のおすすめ野菜 | 新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ