ホーム >お知らせ >今が旬のおすすめ野菜 >艶々とした塔原のナス

艶々とした塔原のナス

夏の食卓に欠かせません!

ナスの原産地はインド東部といわれています。熱帯性の植物で、ナスを高温多湿の環境で育てるのは、原産地の環境から受け継がれてきた性質なのです。インドから中国に伝わったナスは、5世紀頃の古書で『崑崙紫瓜』と紹介されていて、播種栽培の方法が書かれています。その後隋の時代に『茄日』と名称を改めたという記録とともに何種類もの品種の記載があることから、その頃には中国でも盛んに栽培されていたようです。


日本には奈良時代に渡来しました。その頃は『茄子』『奈須比(なすび)』と書かれていました。例えば正倉院文書には、進上品の目録に『茄子三斗』『漬茄子』という記録が沢山あり、このことから奈良時代にはナスが沢山栽培されて食べられていたことがわかります。(正倉院文書データベース


以降、日本人の嗜好によく合った品種が日本各地で栽培されるようになりました。


 
 実はスポンジ質で水分を多く含み、栄養価はそれほど高くありませんが、皮の紫色の色素ナスニンは抗酸化作用があるアントシアニンの一種です。多くの調理方法で食べられていて(ただし、アクがあるので生食はむきません)、欠かすことの出来ない夏野菜のひとつです。


畑での様子

 


生産者


関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせイベント情報 | 今が旬のおすすめ野菜 | 新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ