ホーム >お知らせ >今が旬のおすすめ野菜 >甘く!やわらかく!みずみずしい!新たまねぎ

甘く!やわらかく!みずみずしい!新たまねぎ

新たまねぎのおいしさは、生食でお楽しみ下さい!

たまねぎは野生種がみつかっていないので、原産地には諸説があります。非常に古くから栽培されてきた野菜で、紀元前のエジプトですでに栽培されていた記録があります。刺激の強さ故精力剤として使われたりしていました。中世16世紀ごろヨーロッパに伝わり、大航海時代にアメリカ大陸に伝播、そこから日本に伝わりました。日本で栽培が始まったのは明治時代になってからです。
 

「泉州たまねぎ」の名が残っているように、実はかつての大阪は、たまねぎの一大産地。最盛期昭和20年代から30年代には、泉南地方の畑の約半分が、米との二毛作でたまねぎを作付けしていて、出荷量は北海道よりも多く、全国の収穫高の4割近くを泉南たまねぎが占めていたといわれています。
 

 

通常、たまねぎは、収穫してから1ヶ月くらい風にあてて乾燥させますが、新たまねぎは収穫してすぐに出荷します。このおかげで、皮が薄く、実の水分が多く、やわらかいという特徴があります。また、辛みが少なく、甘みがまさっているので、サラダなどに入れて生食するのがおすすめです。


生産者

長有研(長崎県)

花岡農恵園(兵庫県)

かごしま有機生産組合(鹿児島県)

 

旬の有機野菜こちらからご購入いただけます!


保存方法

普通のたまねぎとはちがって、ポリ袋などに入れて、冷蔵庫で保存します。

水分が多いので、あまり日持ちがしないと考えて頂いて、数日で食べ切って頂くようおすすめします。


関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせイベント情報 | 今が旬のおすすめ野菜 | 新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ