白鳳(桃)

緻密な果肉と豊かな甘味が魅力です

桃は、中国の黄河上流の高原地帯が原産と言われています。中国では不老不死の仙果とみなされ、現代ほど甘くはないものの食用や薬、観賞用として栽培されていました。ヨーロッパには1世紀ごろペルシャ経由で伝わり黄桃系の品種に変化していきました。日本では弥生時代後期に大陸から伝来した栽培品種があったことがわかっています。

 

現代、我々が口にしている甘くて水気たっぷりの桃は、明治時代に導入された「上海水蜜桃」がルーツになっています。明治32年に大久保白桃が日本で発見され、以来より美味しい桃を求めて品種改良が続けられ、実に多くの品種が栽培されています。

白鳳は、「白桃」と「橘早生」の交配によって誕生し、昭和7年に「白鳳」と命名され、栽培が全国に広がりました。緻密で繊維の少ない果肉と、酸味の少ない豊かな甘みが魅力です。


生産者

小林裕明

小林宏一

古川果樹園


桃には肌によい成分が含まれています。

桃の主な栄養は糖質の果糖やブドウ糖、ショ糖など。ビタミンC、カリウムや水溶性の食物繊維、ナイアシン(ビタミンB3)などが、バランスよく含まれています。酸味のクエン酸は食欲の増進に効果があります。肌にはりや潤いをもたらしてくれる成分が含まれています。



一覧に戻る

愛農からのお知らせイベント情報 | 今が旬のおすすめ野菜 | 新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ