ホーム >お知らせ >今が旬のおすすめ野菜 >春の訪れを伝える日本のハーブ

春の訪れを伝える日本のハーブ

キク科の多年草「よもぎ」

ヨモギには様々な用途がありますが、食用とするのは若い芽で、それが採れる美味しい時期は
3月から5月頃までの春です。

 ヨモギにはさわやかな若草の香り、アロマ効果が期待できます。香り成分はユーカリプトールとも呼ばれるシネオールなどで、口臭を抑えたりリラックスさせてくれる働きなどがありますが、白血病細胞を殺す作用や副鼻腔炎の治療に効果がるともされています。 その他にも、お灸に用いられたり漢方の生薬として止血作用、月経調整作用、 経絡を温める作用、 鎮痛作用や 咳・喘息の去痰作用などが有効とされています。


ヨモギの栄養

●食物繊維はほうれん草の約3倍!
便秘の解消や痔の予防の他にダイエット効果などもあります。また有害な物質を吸着し体外に排出働きもあります。 コレステロール値を下げ、血中脂質の正常化に作用する事が実証されています。

●抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られるカロテンを多く含みます!
他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

●豊富なビタミンK!
ヨモギは生薬として止血薬としても用いられてきました。このビタミンKには、そういう血液の凝固に関わる成分の合成を促す働きがあります。

 


ヨモギの保存方法

さっと水ですすぎ、ゴミなどを落としてよく水を切り、乾燥しないように袋に入れて冷蔵庫に入れてください。それでも、2日間位の間に使うようにしましょう。

ヨモギの新芽は春の時期に大量に収穫して冷凍しておく事も出来ます。冷凍する場合は一度下茹でしてから密封袋に入れ空気を抜いて冷凍します。使う時は自然解凍で、おひたしやあえ物、汁物などに使います。下茹でしたものをミキサーにかけ、ペースト状にしてから冷凍する事も出来ます。使い道はよもぎ餅やソース、スープなどです。


関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせイベント情報 | 今が旬のおすすめ野菜 | 新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ