ホーム >お知らせ >愛農からのお知らせ >冬野菜が少し遅れ気味です

冬野菜が少し遅れ気味です

特に今年、獣害が多発しています

ここ毎年、産地からは虫害だけでなく、獣害の被害もたびたび聞くようになりました。特にひどいのはいのししとアライグマとのこと。

塔原生産者・吉田六五郎さんの畑では、大きく育っていたブロッコリーと大根がかなりダメになりました。畑の周囲に波トタンなどの柵をして防御したりしていますが、場所によってはできないところもあります。いのししはブロッコリー・大根そのものを食べたわけではなく、土の中に豊富にいるミミズを食べるために畑を掘り返し、同時に野菜も掘り返されたためにダメになってしまったのだそうです。

同じく塔原生産者・堀田久子さんの畑では、いのししがかなり暴れまわったようで、機械ですいたように畑が掘り返されたとのことです。

 


虫害、多雨も影響して

 虫害では夜盗虫(ヨトウムシ)の被害が深刻です。昼間は土の中に潜んでいることが多く、夜になると土から出てきて野菜を食べます。見つけたら確実につぶして殺さないと被害が大きくなります。生産者は綺麗なものを選って出荷されるため、すでに収穫をし終えた畝には虫食いで出荷できないキクナやほうれん草がいっぱい残っています。また冬野菜の種まき・苗植えをしても虫と獣によって全滅し、また蒔き直し。少し遅れ気味になっています。


また先日からお知らせしている玉ねぎの植え付けは、雨の日が多く、耕運がまだできていない畑もあるため予定通りに進んでいません。今週、天気と畑の状況を見て、植付けをする予定です。
 


関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせ | イベント情報今が旬のおすすめ野菜新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ