ホーム >お知らせ >愛農からのお知らせ >各生産地の台風被害 その1

各生産地の台風被害 その1

9日午前までに確認できた生産者情報

8日の早朝、台風18号は愛知県知多半島に上陸。地元の生産地である大阪和歌山の直撃はさけられたものの雨風が強いため農産物への影響がどの程度か、また遠方地でもTVなど甚大な被害が出ているところがあるため、8日から9日にかけて各提携の生産者に電話がけをして確認をとりました。


●大阪府岸和田市/塔原生産者
「一部ハウスが撤去できず心配だったけど大丈夫だった。芽が出てきた玉ねぎも流されることがなく無事。野菜の傷みもほとんどなさそう」


●和歌山県/西井ファーム,とんとん有機農場
「風はゆるやかだったよ。にんにく畑のハウスも無事」「稲が少しコケたくらい」

 

●愛知県豊橋市/神藤敏幸さん
8日明朝TELしたが、停電があり電話は不通。携帯電話で少しだけ話ができました。
「雨風が強く、家でじっとしているしかない」
 

●長野県須坂市/古川果樹園
「被害がひどいのは南部の方。新潟に近い北部の地域なのでほとんど落下もなく大丈夫でした」
 

●長野県中野市/小林裕明さん,市川果樹園
「台風は南アルプスの方をとおっていったので、北部は風もあまり吹かず被害はほとんどありませんよ」
 

●青森県/竹嶋有機農園
「りんごの落下はほとんどなく被害はありませんでした」


関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせ | イベント情報今が旬のおすすめ野菜新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ