ホーム >お知らせ >愛農からのお知らせ >鮮度抜群!日生の牡蠣は3月第2週が今季最終

鮮度抜群!日生の牡蠣は3月第2週が今季最終

生産者からお礼をこめて「特別価格」でのお届けです

 牡蠣の旬は10月から3月まで。「日生の牡蠣」は今回の案内が今季最終となります。生産者の草加忠雄さんから、「今年1年のお礼の気持ちで、今回は特別価格(産地の地元での価格)でお届けします」とのご提案がありました!草加さんは水揚げした牡蠣を剥き身加工し、その日のうちに発送するので鮮度抜群!センターで一晩冷蔵保管し、翌日会員様のお手元にお届けします。
 岡山県 瀬戸内の漁港 日生(ひなせ)よりお届けの旬の牡蠣をぜひご賞味下さい!!
 


 




価格:通常価格1,300円→御礼価格980円
内容量:たっぷり500g
会員様注文受付期間:2月23日から2月27日まで/配達期間:3月9日から3月13日
生産者:草加忠雄(岡山県日生町)
消費期限:お届け日の翌日まで


【ご注意とお願い】
・加熱用での取り扱いです。必ず加熱してお召し上がり下さい。
・なるべく届いたその日のうちにお召し上がり下さい。
・センターでお取り置きはできません。


牡蠣は「海のミルク」

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれる通り栄養豊富な食材です。たんぱく質、ミネラル、ビタミンなどをバランスよく含み、消化吸収率も高いことが知られています。老若男女を問わずお召し上がり頂きたい食材ですが、肝機能の向上に役立つとされているタウリンやグリコーゲンも豊富に含んでいますので、お酒を嗜む時に一緒にお召し上がり頂くと、栄養的にも味的にも最高のあてになります。


「加熱食用牡蠣」と「生食用牡蠣」の違い

 「生食用の牡蠣の方が新鮮」と思われがちの牡蠣の表示。でも、実は鮮度の違いではありません。両者の違いは、食中毒を防止するために規定されている食品衛生法の基準(成分規格と加工基準)を満たしているかいないかなのです。生食用牡蠣の中には、この基準を満たすために、滅菌した海水や人工海水に漬け、洗浄を繰り返すこともあります(そのような牡蠣は味が薄い)。加熱して食べるならば、洗浄処理等をしていない、新鮮な加熱用牡蠣を選ぶほうが美味しいです。
日生の草加さんの牡蠣は、殻から外してすぐパック。その日の内に出荷、センターの業務用冷蔵庫で一晩保管、パックの翌々日に会員様のお手元にお届けしています。鮮度には何の問題もありませんが、美味しさを保つため生食用としての処理は行っていませんので、必ず加熱してお召し上がり下さい。


日生の名物!「カキオコ」を作ってみよう

 牡蠣入りお好み焼きは、最初具として混ぜる普段の作り方で作ってみましたが、それだと牡蠣に火が通り過ぎる感じで、ちょっと失敗(?)しました。
そこで『日生カキお好み焼き研究会』のホームページ(http://www.geocities.jp/kakiokonomi/kakiokonomi_1.html)を参考に、日生独特の焼き方、『日生焼き』風にしてみたところ、美味しく焼けました。そのポイントを紹介します。普段作っている「大阪風のお好み焼き」を少しアレンジして、牡蠣のジューシーな旨みを活かすように焼きあげます。
 


 

  • ポイント(1)キャベツの割合を多く、生地はゆるめにします
  • ポイント(2)牡蠣はキッチンペーパーで余分な水分を取ります ※または鉄板の横で、少し空炒りする
  • ポイント(3)普段より小さく作ります(直径10?12cm程度)※柔らかく焼きあげるので大きいとひっくり返しにくくなります
  • ポイント(4)生地の半分を焼く→生地の周りの色が変わってきたら(ひっくり返せる程度になったら)→牡蠣を敷きつめる→残りの生地で覆って、ひっくり返します ※牡蠣を蒸し焼きにするように
  • ポイント(5)焼きすぎない(普段より焼く時間を短めに)
     

関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせ | イベント情報今が旬のおすすめ野菜新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ