ホーム >お知らせ >イベント情報 >愛農NOAH35周年 安部司氏記念講演会報告レポート(後編)

愛農NOAH35周年 安部司氏記念講演会報告レポート(後編)

後半は当日実施したアンケートの結果報告です。

9月10日(土)大阪市立生涯学習センターにて、ベストセラー「食品の裏側」の作者であり、元食品添加物のトップセールスマンだった安部司さんを招いて講演会を催しました。先週は講演の概要を報告しました。今週は当日実施したアンケートの結果報告です。

安部司氏講演会の様子


講演参加者の像

アンケートの結果グラフ

参加者総数80に対して、回答者数42。
回答のうち、愛農NOAH会員が26(62%)、会員外8(19%)と無回答8(19%)でした。
参加者の年齢別内訳は、横棒グラフの通りで、回答者のほぼ半数が60歳以上という結果でした。

<講演に対する感想>
講演がとてもよかった(80%)とよかった(10%)があわせて90%以上。
また内容が『よくわかった』『とてもよくわかった』があわせて100%ありました。
以上のことから、内容がわかりやすく、良い講演だったことがわかります。


講演に対する感想 自由感想欄より

◎力強い真実なお話に大変感銘を受けた。“便利すぎると考えなくなる”という人間の心理にハッとさせられた。ちゃんと考えて行動しようと思う。(30代)

◎薬・添加物食品の不買運動をしようと思った。(40代)

◎知らないことを少しでも勉強できてよかった。もっと勉強しないといけない。『食品の裏側』以外の著書を紹介して欲しい。(60代)

◎30から40代の頃、子ども会活動をしていた。その頃、農薬や添加物のことを学び、ショックを受け、必死に皆に伝えていた。チェルノブイリのあと原発のことも。そして今、ガンその他の病気もいっぱい増えたが、食べものその他との関わりにみんな気づいていないし結びついていない。私自身、孫に対しては年のせいか子育ての時ほど必死になっていない。プラスαが必要だと思う。(60代)

◎大変勉強になった。豊富な知識からお話を聞かせていただき有意義だった。(50代)

◎忙しい社会、便利で安く簡単でおいしい?添加物が悪いのはわかっていても、たまにはそういうものに頼ってしまいがち。選ぶのは自分たち。作る人・売る人・食べる人、みんなが本物をわかっていける社会をつくっていけたらと思う。(30代)

◎小さい頃から悪いものを食べていたのだと認識。それを悪いものと知らずに食べていた。最近の子どもはもっと悪いものを食べている。犯罪が増えるのも納得できる。この現状をもっと多くの人が知るべき。金儲けばかりに走る大手企業はもっと訴えられるべき。(30代)

◎幸せとは何か?と問われていると思った。(30代)

◎化学調味料の原料のトウモロコシの件がわかりよかった。(60代)

◎外食はこわい!!家庭料理を食べようと思う。(70代)

◎恐ろしい食環境だと思う。(50代)

◎すごくおもしろかった。オーガニックの食材を使い、ひとつひとつ手作りでごはんを作る仕事をしているが、消費者が求める、安くて・きれいで・均一で・・・みたいなものに応えるのは本当に大変。だが、無添加で作る苦労ばかりするのではなく、消費者に一般の商品の真実を知ってほしいと思う。安部先生の講演や著作がもっと広がればよいし、私たちも伝える側として働いてゆけたらと思う。(20代)

◎かなりつっこんだ物言いも、先生自身添加物を推進する側であった企業内での経験をふまえたうえでの発言であるだけに、聴く側を納得させるのだと思う。良い契機・時間を作って下さった愛農NOAHに感謝。(50代)

◎わかりやすかった。(添加物だけの)料理実習は最高。(40代)

◎伝えるためには話術も必要と再認識した。(30代)

◎本当にいい話をきかせてもらった。時間が短すぎる感じがした。(70代)

◎とても参考になった。また安部さんの講演を企画して欲しい。(40代)

◎たんぱく加水分解物について理解できた。油、砂糖、塩が大量に入っていても添加物を加えると食べられることに大変驚いた。(30代)

◎とても楽しい話。一度きいても忘れてしまうので、何度も話をききたい。これを機会に先生の本を読み勉強するつもり。愛農NOAHに入っていて本当によかった。100%安全な食品を届けていただき感謝している。(70代)

◎添加物の多さにびっくりした。いつも愛農NOAHに感謝している。日頃から食生活に気をつけ、自分なりに安心しているが、時々外食をするのでその点気をつけたい。(70代)

◎小さい頃から親にジュースを禁止されていて、無農薬の緑茶しか飲まなかった。とても感謝している。とても勉強になった。(20代)

◎添加物がこんなにたくさん入っているとは思わなかった。今まで考えずに食べたりのんだりしていたが、今日からは何が入っているか見て決めたい。(40代)

◎今日からも和食を食べる。(60代)

◎驚いた!目からウロコの連続だった。(60代)

◎時間が足りず先生を早口にさせて申し訳ない。(40代)

◎大変わかりやすかった。復習のために今日のDVDがあれば・・・と思う。(40代)

◎普段口にしている嗜好品があんな粉でできているとか?ショックだ。実際に目の前で先生が作られたものを回してもらってよくわかった。毎日の食事は作っているが、ドレッシング等も手作りしなくては・・・と思った。(60代)

◎添加物がこれほど使われているとは!30年愛農NOAHをはじめ有機中心の生活をしてきたが、世の中とのギャップに驚いている。(60代)

◎優先順位を決める前提として正確な情報・知識が必要。その上で、安さ、便利さを重視するなら、結局は「生き方」の問題。日本全体がオカシクなっている。(60代)

◎梅田近辺なので講演会に来ることができた。(60代)

◎添加物がよくないとわかっていたが、つい便利さに負けて出来合いの物を購入していたことを反省。マーガリンが合成されたものと知り驚いた。勉強になった。(50代)

◎食品に対する考え方を改めて見直す必要があると思う。(60代)

◎知ることは生きる力。日常の食生活で添加物を取り込んでいることを反省されられた。自らの健康維持のため、愛農NOAHの食品で健康食に取り組みたい。(50代)

◎子育て中の娘に、化学物質のおそろしさ、現代の食品のこと、手作りの大切さを伝えたい。(60代)


講演会を振り返って・・・・・愛農NOAH 理事 佐藤理子

卓上にずらりと並んだ薬品瓶。阿部さんが添加物と水だけで作られたジュースは、市販のCCレ●ンそっくりに変化しました。続けて豚骨スープも調合、インスタントラーメンとまったく同じ食欲をそそる匂いでした。知ってはいても、目の前で添加物のみで調合されるものが、口にしたことのある食品になると、改めてゾッとしました。

4時間半に終了した講演の後、退室予定時間の5時ぎりぎりまで、参加者の皆さんから次々と質問の声が上がり続けましたが、安部司さんはそれにひとつひとつ丁寧に答えて下さいました。「トレハロースについてどう思われますか」という質問に対して「人間が歴史上長い期間食べ続けてきて、安全性が証明されているもの以外、新しい食品にはすべてリスクがあると思ってください」と答えられた言葉が、深く胸に刻まれました。私はセンターや生産者の方々の努力によって安全な食品を選ぶ事が出来ますが、時には「これぐらいまあいいか」と市販の食品も買うこともあります。今回の安部さんのお話を忘れず、また、周囲の人にもしっかり伝えていかなくてはと思いました。

安部司氏講演会の様子


関連するページ


一覧に戻る

愛農からのお知らせ | イベント情報 | 今が旬のおすすめ野菜新着新入荷情報

メールでのお問い合わせ
ページトップへ